HOME | 株式購入講座 | 証券会社 | 株主優待 | 投資のお勉強 | 実績紹介 | 私と株式投資

STEP5 株を買ってみる

では、証券会社のHP上で株を注文してみましょう。
「株式買付注文」画面を開いて、数量・価格・市場・執行条件・注文有効日を入力します。

例)東証一部の7203トヨタ自動車を3,700円で300株ぐらい買いたい。


上記のように注文を出しておくと、注文有効日内に3700円になれば自動的に買ってくれます。
もちろん、一度入力しても変更も可能です。(数量変更は変更出来ない所もありますので、その場合はいったん注文じたいを取り消しし、再度注文しなおす)

※1 株の買い方では、「成行注文」と「その他条件付注文」に分かれると思います。
「成行」とは、『いくらでもいいので買う!』という事をいいます。『すぐに約定したい!』場合以外は「その他の注文条件」を選ぶようにしましょう。(成行だと思いもよらず高値で約定してしまったりする)
ただ、証券会社によって「成行注文」と「その他条件付注文」の買付け手数料の値段が違う場合がありますので、確認してみて下さいね。マネックス証券で言うと「指値」1500円、「成行」1000円となります。

「その他条件付注文」の一般的なものでは・・・
「指値」=銘柄に対して「いくらで買いたい!」と、値段を指定して注文。
「寄付」=その日に初めて売りと買いが折り合った価格で買い付ける注文。
「引け」=「前場引け」OR「後場引け」での買付け注文。
「出来ず引け成り」=指定した指値で前場引け、後場引け前までに約定されない場合、引け成行注文として執行される注文。

※2 出した注文がいつまで有効なのかを選択する。
「本日中」=注文日のみ。
「出合」=週の最終営業日まで注文を出し続けること。

ところで上記のトヨタの買い注文を出す場合、証券口座にいくらのお金が必要でしょう?

「指値」注文なので3700円×300株=111万円以上ですね。
「成行」注文だと3700円で買えるとは限らないので、上記金額よりさらに多めに入金されてないとエラーになってしまいます。
当たり前の事ですが一応説明させて頂きました(^o^; 

以上、注文内容を再度確認し、買付けボタンを押して注文終了です



前へ | ページTOPへ  | 次へ