HOME | 株式購入講座 | 証券会社 | 株主優待 | 投資のお勉強 | 実績紹介 | 私と株式投資

STEP3 口座開設する

株を買うには証券会社に申し込みが必要です\(^.^)/
証券会社が決まったら、申し込み→お金の入金で、やっと買う事が出来ます。
申し込みから株を買えるようになるまで、約2〜3週間ぐらいですね。
その間に、買いたい銘柄のウォッチングなどをしていると良いでしょう。

何にしても始めは不安だし手続きなど面倒な事もあるけど、それを乗り越えれば売却益のご褒美がまってますよ♪ 一緒にがんばりましょう〜
以下に簡単な流れを書きました。参考にして下さいね!

ネットで資料請求

まずは、自分に合った証券会社が見つかったら、ネットで資料請求してみましょう。
早くて1週間以内に書類が届くと思いますので、さっそく記入です!

証券会社に申込書送付

必要事項を記入捺印し、身分証明書と一緒に提出します。

書類はこれ!


■特定口座とは?

平成15年1月より証券税制が変更され、株式を売却して売買益が出た場合、その益にかかる税金の課税方法が申告分離課税のみとなったことにより、個人で確定申告をしなくてはならなくなったのです。でもとても面倒ですよね。
そこで、各証券会社では特定口座と言うものを作り(無料)私達に代わって税金を計算してくれたり、納税してくれたりしています。特定口座開設は任意ですが、便利なので是非開設をオススメします。
そして特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があります。

「源泉徴収あり」とは、売却の都度、証券会社が売買益にかかる課税額を売却代金から差し引き税務署に代行納付してくれます。とても楽ですが、年間トータルで損失が出て「3年間の繰越控除」の特例を適用する場合や、一般口座・他社の特定口座と損益を通算する場合などは、「源泉徴収あり」口座であっても確定申告する必要があります。

「源泉徴収なし」とは、売却時に売買益が出ても税金は引かれません。自身で年間売買損益にかわる課税額を計算し、確定申告で納税する事になりますが、「年間取引報告書」を証券会社が作成してくれるので、簡易に確定申告することができます。

ちなみに私はめんどくさがり屋なので、もちろん「特定口座 源泉徴収あり」にしています!

口座開設には申し込みをしてから1週間〜2週間程度かかります。
印鑑不鮮明や記入ミスなどで書類のやり取りをしていると、1ヶ月ぐらいあっと言う間に過ぎてしまいますので、記入ミスのないようにしましょうね!

トレード別!証券会社の選び方



前へ | ページTOPへ  | 次へ